現金化をした後の流れ~返済方法

クレジットカードで商品を購入すると、支払を終える前に手元に得ることが出来ます。見方を変えれば、このショッピング枠も“キャッシング”と言えるでしょう。

このシステムを利用したものが、クレジットカードの“現金化”サービスです。キャッシング枠との違いは、利息が発生しないこと。そのかわり現金化を行ってくれる業者に手数料を支払わなければなりませんが、利息と比較すると可愛らしい額です。

仕組みは、家電量販店などのポイント還元と同じです。スマイルギフトを仲介して買い物を行い、購入額に応じた金額を還元してもらいます。還元率は業者によりますが、95%というケースも珍しくありません(この場合は残り5%が手数料として扱われます)。

還元してもらえるタイミングも業者によりますが、早ければ即日中に、遅くとも一週間で受け取ることが出来ます。購入した商品の支払にはショッピング枠が適用されるため、利息は一切発生しません。

しかし、現金化にもデメリットがあります。それは、購入する商品に制限があることです。業者が指定する商品から選ばなければいけないので、手元に残すつもりがないなら、出来るだけ処分しやすい=どこかで買取ってもらい易いものを選択すると良いでしょう。

キャッシング枠との相違点

クレジットカードで現金を得る方法は二つあります。

ひとつは、キャッシング枠の利用です。

借入れることが出来る額は契約状況により異なりますが、ATMから借入れ・返済できるため手軽です。しかし利息は20%と高く、100万円を借入れた場合は、5年間で借入れと同額にまで膨れ上がります。利用は、少額且つ返済の目途が立っている場合を除き控えたほうが良いでしょう。

もうひとつは、ショッピング枠を利用した現金化です。

こちらは、スマイルギフトなどの業者で買い物し、キャッシュバックの形で現金を受け取る仕組みです。家電量販店によくあるポイント還元を想像してもらえるとわかり易いと思います。キャッシュバックの数パーセントを手数料として渡す必要がありますが、キャッシング枠の利息よりも少額で済むため、利用者は増えています。

現金化は違法行為だという人もいますが、公式の見解は『クレジットカードは所有者がその用途を決めて構わないもの』となっています。行っていることは“買い物”であり、正当な権利としてキャッシュバックを得ているのですから、法的にも問題ありません。

なお、キャッシング枠の申込みと同様、現金化もオンラインで手続きを行えます。スマイルギフトの他にも多数の業者が参入しているので、納得がいく条件を揃えたところを探しましょう。悪徳業者には、くれぐれもご注意ください。

クレジットカード現金化サービスは簡単で安心できる点

クレジットカード現金化を利用する場合は、まずは信頼できる業者を選ぶことです。クチコミ情報サイトや会社名を検索して悪い噂がないかどうかをチェックしましょう。大丈夫ならばオフィシャルWebサイトの申込ページで個人情報など必要項目を入力します。確認メールが届きますのでその指示に従えばOKです。

今回は【クレジットカード現金化サービスは簡単で安心できる点】をご紹介しています。

■早ければ1時間程度で入金できます
ですが早く入金してくれるクレジットカード現金化サービス業者は還元率が低いです。そして、分割払いやリボルビング払い(リボ払い)をする場合はクレジットカード会社に利息を支払わなければならないこともあります。クレジットカード現金化サービス業者に支払う手数料とは別に必要になるので注意しましょう。一括払いならば問題はありません。

■キャッシングローン・消費者金融は手数料が高いです
そして融資した履歴が残ります。急場を凌ぐのは便利ですが返済はとても大変です。利息は怖いのでしっかりと確認してください。

■現金を用意するのは利息が低いところを選びましょう
クレジットカード現金化サービス業者を使う場合は還元率が高いところです。実店舗もないので担当者と顔合わせすることもないので気楽です。

現金化の昔と今

スマイルギフトなどを利用してクレジットカードで現金を手にするというのは、最近出てきたテクニックのように見えますが、実は結構昔から、同じようなやり方で現金を手にする裏技は知られていました。

大きな店舗でなくても、カード決済の端末が置いてあれば、クレジットカードでの支払いができますね。綺麗なお姉さんのいる店、などとも呼ばれる、いわゆるクラブ、スナックなどのお店にも、この決済端末(キャットと呼ばれています)が置いてある店が多いです。

あるとき、お店のママと親しい間柄にある常連客のひとりが、ママにこう持ちかけました。今日はこのカードに3万円請求してくれない?」と。そのお客は、その時点でウイスキーのロックを2、3杯飲んだだけでした。ママはこの客のカードに3万円の請求をして決済し、マネートレーに乗せて差し出しました。カードのしたには、2万円の現金がおいてあったといいます。

これは、水割りの代金に上乗せした額を請求する見返りに、差額分のキャッシュバックを現金で行うということなのです。いまのキャッシュカード現金化とほぼ同じ方法ですね。少々の手数料が差し引かれるのも現在と同じです。これと同じことを、インターネットなどを通じて手広く手がけているのが、スマイルギフトだというわけなのです。

WEBで完結するキャッシングサービス

消費者金融のキャッシングサービは、お金に困った時に非常に便利なサービスです。
しかし以前は店舗まで行く必要があり、さらに店舗だとスマイルギフト 営業時間などの関係上、夜には利用する事ができませんでした。
ですが、現在はネットを利用すれば、いつでもどこでもキャッシングサービスを利用する事ができるようになったのです。
自宅にいながらキャッシングを申込み、審査も30分程度と短時間で終わるスピード審査を行う消費者金融も増えてきています。

さらに必要書類も郵送で送ると数日かかってしまいますが、必要書類をメールに添付して送れば、数分後には相手の手元に届きます。
本当にネットの出現によってキャッシングサービスは便利になったと言えるでしょう。
ただし、便利になりすぎたために、気軽に利用する人も増えています。
消費者金融はボランティアでお金を貸しているわけではありません。
そして気軽にお金を借りても、お金を返す際には、高額な金利を支払わなければいけません。
つまり、借りる時はよくても、いざ返そうとなると、なかなか思うように返済できず、返済が遅れるために別の消費者金融でキャッシングし、そのお金を返済にあてる。そうなってしまうともう地獄です。あっというまに多重責務者になり、気付けば自己破産なんて道をたどらないようにして下さい。便利になっても、お金を借りるのは、本当にお金が必要な時に必要最低限だけ借りるようにし、そして借りたお金はすぐに返す事を心がけましょう。

クレジットカードの現金化の注意点

クレジットカードを現金化する方法を知っておけば、いざという時に役立つかもしれません。
通常クレジットカードの使用方法はショッピング枠で、店頭で現金の代わりにクレジットカード払いにする方法です。
この場合、現金がなくても欲しいものを先に購入する事は可能ですが、現金は手に入りません。
そのため、商品ではなく現金が必要なんだという場合に、通常ではクレジットカードでは現金にはならないのです。

しかしクレジットカードで現金化する方法は存在します。
それはクレジットカードの現金化を請け負っている即日現金 スマイルギフトに申込み、指定されている商品を購入します。
購入し、クレジットカードで決算が終わると、現金が支払われるという仕組みです。
ただし、購入した商品と同額の現金を手に入れる事は出来ませんし、商品自体は自分が欲しいものではなく、指定された欲しくないものとなります。現金化の割合は業者によって異なりますが、例えば1万円の指定された商品を購入すれば、8千円~9千円程度の現金化が相場と言えます。

確かに急にお金が必要な場合にクレジットカードさえ手元にあれば、即現金化をする事が可能なので、クレジットカードの現金化のおかげで助かったという人も多いでしょう。
ですが、悪質業者の存在も無視できないぐらい多いので、安易にクレジットカードの現金化を行い、トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。サイト内のみのやり取りという場合で、業者の所在地が明記されていない、代表連絡先が携帯電話のみ、そんな業者は怪しいので、警戒するべきでしょう。

還元率を上げるための方法

クレジットカードのショッピング枠の現金化を担ってくれる業者はいくつも存在しています。
そのカード 現金スマイルギフトのサイトなどを見ていると、どのくらいの割合で現金を還元してくれるのかが書いてあります。
その中には、例えば最大還元率90%というような数字をうたっているところもあります。

ですが、最大と書いてあるところがポイントで、実際にこれだけの数字で還元をされることは少ないと思っておきましょう。
もちろん、これ以下の数字になることはよくありますし、その分のお金はカード 現金スマイルギフトへの手数料などで消えていくことになります。
還元率については、実際に現金化を求めるときの金額の大きさによっても違ってきます。

10万円の現金化よりも、100万円の現金化のほうが、手数料が一緒であれば還元率は100万円のほうが高くなるということになります。
還元率を高く得たいのであれば、できるだけ大きい金額の現金化を依頼するのがいいということですね。
また、即日振込などで別途手数料がかかるところもありますから、こういった手数料がかかるやり方を避ければ、還元率はより高くなります。

無店舗(インターネット出店)型のデメリット

 クレジットカード現金化の際は、無店舗=インターネット出店のスマイルギフト 評判が便利です。

 申込みも含めすべての手続きをオンラインで済ませることが出来るため、誰かに借入れ(現金化)を知られることも、その記録が残ることもありません。インターネット銀行を振込み先に指定すれば、入金確認もオンラインで済んでしまいます。

 しかしメリットばかりとは言えません。下記のデメリットをご覧ください。

◎参入の敷居が低い
 新規参入が多いことを意味します。しかし軌道に乗ることが出来るのは一握りの業者であり、大半は資金難です。そのため申込みを受け付けながら手続きを完了しない、還元率通りにキャッシュバックしないといったトラブルが多発しています。

◎店仕舞いが容易
 パソコン一台+レンタルサーバがあれば始められるインターネット出店は、インターネットに接続できる環境さえあれば、どこからでも開設できます。住所不特定の状態でも、運営継続には特に問題ないわけです。そのため、店仕舞いされると追跡は困難となります。

◎評判の裏付けが出来ない
 スマイルギフト 口コミは匿名で投稿できるため、自作自演が容易です。また検索エンジンにおける表示順序も、知識と手間を惜しまなければ操作できます。上位ほどアクセス数が多い=評判が良い、とは限らないのです。

 これらデメリットを回避したい場合は、アナログ媒体から情報を入手しましょう。

 おすすめはスポーツ新聞に掲載された広告です。何故なら、掲載には“広告料”が必須。その点から、広告を出している即日現金 スマイルギフトはある程度儲けを出していることがわかります。

 またトラブルに発展した際は、広告を物的証拠として提出することも出来ます。

現金化は融資でなく審査不要

 クレジットカードの現金化は融資ではないため、事前の審査がありません。“現金化=業者から融資を受ける”と勘違いしている人は意外と多いので、まずはこの点を抑えておきましょう。

 現金化には、相応の手間と時間が掛かります。昨今は悪徳業者の参入も多く、詐欺事件に巻き込まれることも珍しくありません。これらを回避したい場合は、クレジットカード付帯のキャッシング機能を使いましょう。

 しかしキャッシング機能を使えないケースもあります。例えば、クレジットカードの契約者が、学生・専業主婦など“無収入”である場合です。

 ショッピング枠の利用は問題ありませんが、キャッシング機能を利用するためには配偶者の同意を得ねばなりません。同意があれば問題なく融資を受けられますが、大半のケースは『秘密裏に工面しなければならない事態』であり、同意はおろか知られること自体が不味いです。

 しかしクレジットカードの現金化には、ショッピング枠が使われます。表向きは“買い物”であり、それが融資であると配偶者に気づかれることはまずありません。

 またカード規約に触れることがなければ、法的にも問題ありません。ただし『買取方式』による現金化は一部行為がカード規約に触れるため、ご注意ください。

 いくら現金化できるかは、ショッピング枠の限度額+当月の残高で決まります。限度額が20万円、当月の残高が6万円である場合は、6万円の現金化が出来、そこからカード 現金スマイルギフトへの手数料を差し引いた額がキャッシュバックとして指定口座に振込まれます。

 手順は、通常の買い物と大差ありません。即日現金 スマイルギフトが指定する商品をカード決済で購入するだけです。そのタイミングで本人確認を行うので、健康保険証や免許証など身分を証明できるものをご用意ください。

 なお手元に届く商品は大半が不用品なので、適当に処分して構いません。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.